現代のビジネスアーキテクト

デジタルコンサルタントは


ジョージ・ヘナイン IMSデジタルコンサルタント

デジタルトランスフォーメーションが産業に与える大きな影響

デジタルトランスフォーメーションとは、企業が、パフォーマンスの改善を目指し、ビジネスモデルを再定義していく中で適切なデジタルソリューションを取捨選択していくことです。デジタル化への道を歩む企業は、短期間での市場シェア獲得を狙い、革新的なアプローチをしばしば採用しています。そして、(大規模かつ停滞したビジネスモデルを特徴とする既存の企業と比べて)アジャイルに状況適応したり、状況判断しています。このようなデジタルディスラプターは魅力的なコスト削減、顧客中心のビジネスオリエンテーション、収益向上を享受しています。

デジタルディスラプターとより伝統的なビジネス構造を持つ既存企業の間には、市場シェアまたは潜在的な市場シェアを獲得するスピードに大きな隔たりがあります。デジタル化し得るものは全てデジタル化される時代となり、あらゆる産業がディスラプターの脅威に晒されています。西暦2000年前後にフォーチュン500にランクインしていた企業のうち、現在存在するのはその半分以下にすぎません。あらゆる産業において、5年間のうちに、平均して10既存企業のうち約4つの企業がデジタルディスラプションにより姿を消すのではないかと、経営者たちは考えています。ビジネスモデル、プロセス、バリュープロポジション等なしうる限りデジタル化されるようになり、その影響力の大きさは、様々な産業を飲み込む「デジタルの渦」のようだと言われています。

しかし、デジタルトランスフォーメーションの推進は、適切なパートナーシップ、戦略、またはビジョンを欠いている企業にとっては頭痛の種であるかもしれません。マッキンゼーの調査によると、テクノロジープロジェクトは45%の予算オーバー、7%の超過勤務にもかかわらず、予測より56%も低い価値しか生み出していません。トランスフォーメーションの成功には、ビジネスゴールとIT目標が密に連携した組織構造と、絶え間ない企業文化変革への新しい勢い(詳しくはデジタルアジャイルになるための戦略を参照してください)が必要です。

デジタルトランスフォーメーション固有の課題

私たちのクライアントの間で最もよく見られる問題の1つは、効率の悪いレガシーシステムと新しいITシステムを統合し、システムを必要以上に複雑化させていることです。これは特に、明確なデジタルロードマップがなく、目先の問題解決ばかりを追っている企業によく見られます。複雑なプロジェクトの遂行や導入にあたり、基本に戻ってプロセスを再構築する必要があるかもしれません。このような課題の解決なしに、市場への導入スピードの短縮やアジリティーの向上は期待できません。

企業がビジネスゴールを推進しながら、デジタルプロジェクトの技術要素も調整していくためには、適切な人材配置が重要です。
新たなディスラプティブモデルでROI最大化を追求する企業は、顧客体験の再定義や追加または代替の収益ストリームの成長を促進するために、ビジネスアーキテクチャー構築に潜む新たな機会に細心の注意を払うことが必要です。このデジタル化実現にとって重要なのは、商業的理解と技術的専門知識の両方を備えた人材を雇うことです。短期的なプロジェクトを実行できる基盤を敷設し、また長期的なプロジェクトにも対応できる十分な柔軟性を備えた人材を配置することで、デジタル時代における企業ビジョンに新たな生命を吹き込むことでしょう。

企業の未来を担うアーキテクトとは

デジタルコンサルタントは、ビジネスチームやビジネスプロセスがテクノロジーを応用させるのに必要なプロセスを実行して行きます。そうすることで、企業が、時間とリソースを浪費するテクノロジーのブラックホールに陥ることのないようにしていきます。

この新世代のデジタルアーキテクトは、経営幹部と緊密に連携しながら、有意義で、効率的、またトランスフォーメーションのリスクを最小化できる方法でテクノロジーの変動に対応し、企業のニーズに応えていく事ができるでしょう。

(外部のストラテジックパートナーであれ、社内採用であれ)デジタルアーキテクトは、既存プロセスの重要な課題や、ROIを最大限に引き出す機会を指摘し、デジタルトランスフォーメーションの戦略策定や、企業のビジネス目標達成に向けたデジタルプロジェクトの遂行に大きな貢献をするでしょう。デジタルアーキテクトは、アウトワードフェイシング 、インワードフェイシングの両役割を担う事ができます。

結論

デジタルトランスフォーメーションは元来複雑なものではありますが、だからといって、必ずしも頭痛の種であるとは限りません。強固なデジタル戦略には、ROIの流れを変えるようなテクノロジーの統合を実現化させるために、適切な専門知識を持った献身的なリーダーが必要です。社内採用であれ、外部のパートナーシップであれ、デジタルアーキテクトはデジタルトランスフォーメーションの成功に不可欠な役割を担い続けるでしょう。

2018-05-03T14:47:08+00:00